Trend Rush FX 石黒雄二本当の理由!? 山口孝志 株式会社Asset Cube

こんばんわ

リアルです。

 

本日は Trend Rush FX を検証します。

 

Trend Rush

 

 

商品名 : Trend Rush FX

代表者 : 石黒雄二 山口孝志 株式会社Asset Cube

URL  : http://traders-lab.jp/strategy_648.html

 

 

お伝えする情報のコンセプトは

狙うのは細かい利益ではなく大きな利益

あなたの残高を上昇トレンドに変えていく

トレンド特化型サインシステム

になります。

 

 

Trend Rush FXの特徴

 

ランディングページにはメリットとして特徴が説明されていますね。

 

 

私が注目した所は

メリット1

Trend Rush FX は小さい利益は狙いません。

 

 

初心者の方や、初めて大負けする中級者の方に

一番多い負け方があります。

 

それは、「コツコツドカン」です。

 

小さい利益をコツコツ取って

大きい損失をドカンと食らう。

 

 

もし、これを逆に張っていれば

どうなったでしょうか?

 

 

もちろん、大勝ちです。

 

 

コツコツ負けてドカンと勝つ 

これが相場で財産を築く方法なのです。

 

 

Trend Rush FX はこの手法を採用しているのでは

ないでしょうか。

 

マル

 

 

Trend Rush FX の獲得利益

 

2014年9月から2015年1月までの成績が記載されてます。

 

 

バックテスト期間は短く

さらに、トレンドが出ている期間を選んでますよね。

 

極端な話

これでは、勝って当たり前です。

 

 

この時期は、黒田バズーカ2と呼ばれる

金融緩和が行われている時期でした。

 

ちょうどレンジ相場からトレンド相場に切り替わる時で

Trend Rush FXが一番得意とする所です。

 

 

この時期だけのバックテストを記載するのは

少し、疑問に思いますね。

 

トラブル

 

 

気になる勝率

 

Q&Aコーナーに勝率の質問が記載されてました。

 

Trend Rush FXの勝率は50%ほどです。

 

 

私の印象ですが

かなり、良い感じがします。

 

それなりにリアリティがある数字です!

 

あとは

勝ちトレード時にどれだけ利益をのばせるか(1トレード当たりの利益)

が焦点となります。

 

 

ブラックボックス

 

 

全体の評価

 

バックテストの短さにはマイナスポイントです

 

出来れば、2010年から2012年の

レンジ相場の期間が見てみたいですね。

 

ある程度、フォワードテストを行い

この結果を見てから、ソフトの判断を行いたいです。

 

 

初心者の方が、よく間違える事があります。

それは、1日や1週間、1ヶ月で結果を求める事です。

 

 

もしかすると

Trend Rush FX を使い始めて

1週間や1ヶ月では結果がでないかもしれません。

 

 

大切な事は

コツコツ負けて、ドカンと勝つ

このイメージですね!

 

 

利益率

 

自動売買を使うにしても

どういった自動売買なのかを判断する必要があります。

 

 

初心者の方は

トレードに関して迷う事があると思います。

 

 

例えば

サラリーマンには、どの投資がいいのか?

専業トレーダになりたいけど?

株式とFXはどっちがいいの?

主婦のこづかい稼ぎは可能なの?

色々出てきますよね。

 

 

これも、人によって勧める回答は違います。

サラリーマンの方に株式のデイトレ手法を薦めてはダメですよね。

 

 

もし、相場に疑問がある方がいらっしゃるのであれば

ご連絡して頂くと、きっと良いアドバイスが出来ると思います。

 

名言4

 

このブログでは1記事に1回以上

「勝つための要素」を必ず入れております。

 

ブログを登録(ブックマーク)して1ヶ月程度読んで頂くと

「何が必要なのか」が伝わると思います。

 

勝つための要素など、もっと知りたい方がお気軽にご連絡ください

 

realdraft365@yahoo.co.jp

 

更に、もっと勉強してみたい。

私リアルが気になったニュースが知りたい。

 

そんな向上心のある方はメルマガ登録をお願いします。

メルマガ登録はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガ


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ