裁量トレード と システムトレード の考え方

こんばんわ

リアルです。

 

最近頂いた質問メールで感じた事をテーマとして書いていきますね。

 

その質問内容は

「リアルさんは、システムトレードは反対しているみたいですが・・・」

という内容でした。

 

過去の記事にも書いているのですが

「全面的に反対している訳ではありません」

やはり、文章の才能がない私が書くと

そう捉えられても仕方がありません。

 

早速ですが、少し極論の回答になりますが・・・

システム的に行わなければダメな所は

「資金管理」です。

 

 

昔の私もそうでしたが、特に初心者の方は

エントリー方法(手法)に重点を置くクセがあります。

いわゆる、「聖杯探し」です。

 

確かにエントリー方法も重要です、エントリーポイントがしっかりしていれば

精神的にも楽になりますし、利益額も大きくなります。

しかし

相場から退場、退場寸前になる殆ど方は

「手法以前の問題で、資金管理に問題がある」事が多いのが事実です。

 

手法が間違っていたので

退場をしたという話は、あまり聞いた事がありません。

 

この資金管理というのは

「正しい知識を学び、繰り返し行う(練習)する必要があります。

 

ザックリ言うと

「システムトレードのように

淡々と行えるようになるまで練習してください」という事です。

 

 

 

 

システムトレードはニュートラル

 

この題名を見て、「???」と思った方もいるかもしれません。

 

これは、システムトレードの成績の話ではありません。

トレード感情がニュートラルという意味です。

どうしても、初心者が行う裁量トレードは

本能に近い行動を起こすトレードをしてしまいがちです。

 

・損切りが遅れる(変な所で我慢する)

・人の意見を過度に入れる(アナリストのお勧め銘柄など・・・)

・利益を早めに確定する(少しの利益で満足する)

・お祈りトレードをする

・ポジポジ病

 

これは、人それぞれです。

十人十色というように、欠点もそれぞれです。

 

なので

「こうすれば正解、これは不正解」という物がありません。

まずは、自分の短所を見つける所からスタートになりますね。

 

そして、自分に合う短所克服方法を見つける事が必要です。

例として

一度、エントリーしたらストップとリミットをいれてPCを消す。など・・・

 

 

少し話しがそれましたが

相場では、本能のままトレードを行うと

「負けるように出来ている」訳です。

 

そこで登場するのが

感情をゼロにして行うシステムトレードです。

 

システムトレードでは、「もみ合い」「上昇中」「下降中」関係なしに

シグナルが発生すれば無条件にエントリーしなければいけません。

もし、このエントリールールを破ってしまうと

バックテストの意味もありませんし、成績もガラリと変わってきますよね。

 

システムトレードが「勝てる、勝てない」「使える、使えない」の意味ではありません。

 

 

何が言いたいかと言うと

「本能に逆らったトレードを練習をする」という事です。

 

慣れてくると

本能トレード<ニュートラル トレード<優位性のあるポイントのトレード

に変化していきます。

 

練習するのであれば、市販の勝てるシステムトレードで

練習すれば良いのでは?と思う方がいるかもしれません。

 

しかし

ネットなどで販売されている、システムトレードはロジックがブラックボックスになっており

あまり効果が出ないと思います。

練習するのであれば、移動平均線を使ったトレードでもOKですし

自分自身で理解する事が重要なのです。

なので、プライスアクショントレードを学んでほしい訳です。

 

私がオススメしてる、プライスアクショントレードは

初心者の方でも理解出来る内容になってます。

もし、気なる方がいれば参考にしてください!

 

Dealing FX をリアルの特典付きで購入するにはここをクリック

 

ご相談の方は、こちらのお問い合せフォームから返信をお願いします。

 

お問い合わせフォーム

 

~追伸~

こちらのブログでは相場で生き残る為の情報を提供しております。

 

ブログを登録(ブックマーク)して1ヶ月程度読んで頂くと

勝ち続けるには何が必要なのか」が伝わると思います。

 

メルマガも用意しております。気になる方はご登録をお願いします。

メルマガ登録はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガ


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ