イギリス・EUショックの次は「チャイナ」ボカン?

こんばんは

リアルです。

 

本日は、マニュアルの検証は行いません!

 

手法を選択するより大切な事です。

 

 

暴落相場

 

検証作業より、重要な事がイギリスで起こりました。

 

 

あなたも、ご存知かと思いますが

イギリスで「EU脱退」の是非を決める国民投票が行われました。

 

 

イギリス国民が出した結論は

 

「EU脱退」

 

この為、相場では急落が起こっています!

 

現在のポンド円は、一日の高低幅は約26円もあります。

 

ポンド円

 

 

市場では、ワーワーと騒いでいますが

私のサイトを見て頂いている方なら

損切り注文の重要性は、何度も書きましたのでご存知だと思います。

 

 

今、流行りのマニュアルでは

損切り不要、勝率95%など

見た事のあるキャッチフレーズが並んでいますよね!

 

このような荒れ相場で、破滅的な損失を抱えるのは

初心者の方 や 詐欺っぽいマニュアルをつかまされた方が多いです。

 

 

その破滅する原因の1つが

間違った投資行動を学んでいる事になります。

 

 

ボロマケ

 

 

通常時(相場が穏やかな時)は

損切り注文が重要と書いても

 

リアルが、また言っている。

損切りしたら、実現損になってしまうよね。

 

と思われる方が、いるかもしれません。

 

 

しかし

私は、通常時の「細かいキズ」より

「心臓に突き刺さる一撃」を回避する為に損切りを入れています。

 

 

連鎖ゲーム

 

ファンダメンタル的な話になりますが

今後、相場が荒れる可能性もあります。

 

例えば

中国問題が再燃したらどうでしょう?

米国の利上げ懸念もあります。

 

危機が起こると、連鎖ゲームです。

連鎖ゲームとは、イギリスが不安定 →

ヨーロッパと繋がりが深い南米 → 南米ブラジル

→ 信仰が深い中国→ チャイナ ボカン?

 

 

また、このような暴落が起こらないとは限りません。

ストップロス注文は、必ず置いてください!

 

 

安西先生

 

 

ご相談の方は、こちらのお問い合せフォームから返信をお願いします。

 

お問い合わせフォーム

 

~追伸~

こちらのブログでは相場で生き残る為の情報を提供しております。

 

ブログを登録(ブックマーク)して1ヶ月程度読んで頂くと

勝ち続けるには何が必要なのか」が伝わると思います。

 

メルマガも用意しております。気になる方はご登録をお願いします。

メルマガ登録はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メルマガ


2 Responses to “イギリス・EUショックの次は「チャイナ」ボカン?”

  1. 相場オンチ より:

    本当に荒れ荒れでした。

    明日からの見通しは
    どう考えてますか?

  2. real より:

    相場オンチ 様

    コメントありがとうございます!

    個人的な相場感になりますが、イギリスの金融システムが壊れた訳ではないので、そこまで波及はしないと思います。
    (キッカケには、なる可能性は十分あります)

    だた、連鎖的になるのが怖いですね。

    このバブル相場の本丸は、「中央銀行バブル崩壊」になるので 
    これに巻き込まれると、ヤバイです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ